病院薬剤師の業務はどんな感じ?

病院薬剤師の業務はどんな感じ?

病院薬剤師の業務内容は、調剤薬局の薬剤師と同じように、調剤・服薬指導等を行いますが、その他にも薬歴の管理や、医薬品の供給・管理といった業務があります。

病院においては、医薬品の購入や、購入した医薬品の管理、各部署への供給といった業務は薬剤師が責任を持って行います。中でも医薬品の品質管理は特に重要で、温度・湿度・日光といった条件から、デリケートな医薬品を守る必要があります。

その他、医薬品の中でも血液を原料としている「血液製剤」については、製造番号や患者さんへの投与量に関する情報を、10年間という長期間に渡って、日・月・年といったいくつもの単位で管理しなければなりません。

加えて病院薬剤師には、医薬品のスペシャリストとして、医師や看護師に対して医薬品の知識や最新の情報をきちんと伝えるという大事な役割があります。

中でも抗生物質や痙攣を抑制する薬、臓器移植の際に使用する免疫抑制剤といった薬に関しては、患者さんに対して最も安全で且つ効果がある薬や治療法を、医師と共に考える必要があります。非常にやり甲斐を感じられる作業と言えます。

また、病院薬剤師特有の業務としては「注射薬の調剤業務」が挙げられます。投与する量や期間といった処方箋の内容の妥当性を確認した上で、混合による薬効の低下を避けるため、隔離された無菌室の中で調剤を行います。

病院薬剤師の平均の給与ですが、新卒初任給で21万円~25万円程度で、初年度年収が300万円~350万円といったところです。平均年収は350万~600万円なので、製薬会社や調剤薬局の薬剤師に比べると、少々見劣りすることは否めません。

しかし、夜勤を行う病院では夜勤手当が支給されるため、年収において30万円から50万円程度増加する場合もあります。また、公立病院等は公務員扱いになりますので、勤続年数が長い方の中には年収800万円超の人もいるようです。

病院薬剤師は薬剤師としてのスキルアップができるというメリットがありますので、将来的なステップアップを考える方にはお勧めと言えます。

↑ PAGE TOP