ドラッグストアで働く薬剤師!

薬剤師求人 > ドラッグストアに勤務する

薬剤師求人-ドラッグストアに勤務する

薬剤師は「薬事衛生」「医薬品の供給や管理」「薬の調剤や製剤」を通じて人々の健康を守る役割があります。 そういった社会的役割や専門性があるので活躍する場は幅広いです。 具体的には病院/調剤薬局/製薬会社/医薬品卸業/ドラッグストア/OTC対面販売/化粧品や食品の製造販売メーカー/臨床や化学品の研究機関/治験会社/公務員(厚生労働省や行政機関)……などです。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

薬剤師の主な勤務先は「病院」「調剤薬局」「製薬会社」そしてドラッグストアです。 ここでは、ドラッグストアで勤務する薬剤師についてお話をします。

医薬分業システムが浸透して病院やクリニックの医療機関と調剤薬局の分業が普通になっています。 とりわけ地方ではOTC(Over The Counter Drug:医薬品対面販売)の観点から地域医療の一端を担う窓口としてドラッグストアの責務が注目されてきています。

薬の相談や病気の症状を見ながら薬をアドバイスしてくれるドラッグストアに勤務する薬剤師の存在は極めて重要です。 患者様と対面して適切な医薬品を進めなければなりません。 ケースバイケースで重篤な場合は病院での診察を促す必要もでてきます。

ドラッグストアに勤務する薬剤師は医薬品を購入に来店された患者様の症状や具合やアレルギーの有無をまず確認します。 その情報を元にして最も有効な医薬品を紹介します。 正しく服用できるように説明するお薬相談がメインの仕事になります。

OTC医薬品(対面販売医薬品)を安全に効果的に使用していただくためには、薬に関する専門的知識をフル活用してお客様との信頼できるコミュニケーションができるかどうかがポイントになります。 それ以外にも次のような仕事あります。

・医薬品の品質管理(保管期間などの確認を含む)
・医薬品の陳列(陳列方法は薬事法によって義務づけが有り薬剤師の責務です)
・薬剤管理の帳簿作成
・顧客対応
・在庫確認
・販売促進ツールの作成(ポスターやチラシ)
・医薬品以外の品出しや管理(お菓子や日用品)
岡山県薬剤師会: トップページ

管理薬剤師や店長クラスになると、<パートやアルバイトなどのスタッフの勤怠管理>や<売上金のチェック>や<クレーム対応>や<会議の出席>などもでてきます。 こういったドラッグストアの仕事は高収入で年収ベースで500万円から700万円と安定しています。

薬剤師バイトの転職を成功させるには

「収入アップを目指したい」
「休日が多い職場でプライベートを確保したい」
「もっと自分に合った仕事がしたい」

転職を決意するには、様々な理由があるかと思います。ですが、こういった希望条件をただ闇雲に掲げているだけではこの度の転職が成功する確率はかなり低いでしょう。これは薬剤師に限った事ではありません。誰しもが高収入を希望するでしょうし、休みが多くやりがいのある仕事を望んでいます。

ですがその全てを叶える求人が、はたしてどれほどあるのでしょうか?高収入を望むのであれば、そのほとんどはハードな業種になるでしょう。休日が多ければそのぶん収入は減るはずです。つまり、転職で全ての不満が解決する事はほとんどないのです。あなたは高収入に見合った働きができますか?また、収入を犠牲にしてまでやりがいを求めているのでしょうか?

ですが、転職が決して無意味なモノだという訳ではありません。あなたが転職先に求める条件と、譲っても良い(あまり重視していない)条件をあぶり出し整理してみましょう。希望条件を整理し、あなたのキャリアやスキルと照らし合わせる事でより自身にマッチした転職先に出会う事が出来るはずなのです。

あなたの希望する求人に出会うためには、あなた自身の希望条件を整理する事と、より多くの求人に出会う事が非常に重要になってきます。そのためには、「薬剤師のための転職支援サイト」を賢く利用する事が大変有効です。転職のプロであるコンサルタントが、客観的な視点からあなたにマッチした求人選びをサポートしてくれます。

また、数ある転職サイトからどのサイトを選ぶかどうかで重視すべきポイントは「口コミ」や「評判」です。ネット上で評判の良いサイトは、それだけ登録者数が多く、人材を求める採用側も多く利用している事が予想されます。つまり、評判の良いサイトであるほど多くの求人を抱えている事が多いのです。このようなツールをうまく活用し、この度の転職を成功させましょう。

薬剤師の履歴書作成で注意すべき点

転職を目指す際、最初の難関が「履歴書」や「職務経歴書」などの書類作成なのではないでしょうか?面接であなた自身をアピールしようにも、まずは書類選考をパスしなければなりません。とくに社会人になるまであまり馴染みの無い職務経歴書に対して、アルバイトなどで学生時代から書く機会の多い履歴書は軽視されがちです。もしも「なかなか面接にこぎ着けない」とお悩みなのであれば、ひょっとすると履歴書に問題を抱えているのかもしれませんね。

薬剤師の転職において、「志望動機」の欄に何を書くのかは大変重要なポイントとなってきます。転職先のホームページや求人情報からある程度の情報を収集する事ができますので、その中からそれらしいキーワードをピックアップし動機に反映させるケースが多いようですね。しかし、それだけであれば誰でも同じような文章が出来上がってしまいます。

せっかく職場に関する情報が手元にあるのであれば、その情報だけで文章を作るのではなく是非自分自身のキャリアやスキルも絡ませた説得力溢れる志望動機を作ってみてください。あなたがこれまで積み上げてきた経験や育んできた能力が、新しい職場においてどのように役立つ事ができるのか。また、どのような薬剤師を目指しているのか。誰でも簡単に作れてしまうような文章に比べ、ぶれる事の無い確固たる志望動機を作る事で他の履歴書と差を付けて下さい。

また、当然ですが履歴書において修正液を使ったり誤字脱字があるようでは問題外です。パソコンで作成した履歴書は誤字脱字も無く読みやすいように感じますが、一字一字丁寧に書かれた履歴書の好印象に敵うものではないでしょう。添付する写真も、きちんと写真屋で撮影するべきでしょう。これは薬剤師の転職に限った事ではありませんが、スピード写真で済ませてしまう事のないようにして下さい。

履歴書でアピールするのは、単にあなたの履歴や資格だけではありません。採用担当にあなたの人となりや熱意を見せる最初のアプローチである事を忘れない様にして下さい。