ドラッグストアで働く薬剤師!

薬剤師求人 > ドラッグストアに勤務する

薬剤師求人-ドラッグストアに勤務する

薬剤師は「薬事衛生」「医薬品の供給や管理」「薬の調剤や製剤」を通じて人々の健康を守る役割があります。 そういった社会的役割や専門性があるので活躍する場は幅広いです。 具体的には病院/調剤薬局/製薬会社/医薬品卸業/ドラッグストア/OTC対面販売/化粧品や食品の製造販売メーカー/臨床や化学品の研究機関/治験会社/公務員(厚生労働省や行政機関)……などです。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

薬剤師の主な勤務先は「病院」「調剤薬局」「製薬会社」そしてドラッグストアです。 ここでは、ドラッグストアで勤務する薬剤師についてお話をします。

医薬分業システムが浸透して病院やクリニックの医療機関と調剤薬局の分業が普通になっています。 とりわけ地方ではOTC(Over The Counter Drug:医薬品対面販売)の観点から地域医療の一端を担う窓口としてドラッグストアの責務が注目されてきています。

薬の相談や病気の症状を見ながら薬をアドバイスしてくれるドラッグストアに勤務する薬剤師の存在は極めて重要です。 患者様と対面して適切な医薬品を進めなければなりません。 ケースバイケースで重篤な場合は病院での診察を促す必要もでてきます。

ドラッグストアに勤務する薬剤師は医薬品を購入に来店された患者様の症状や具合やアレルギーの有無をまず確認します。 その情報を元にして最も有効な医薬品を紹介します。 正しく服用できるように説明するお薬相談がメインの仕事になります。

OTC医薬品(対面販売医薬品)を安全に効果的に使用していただくためには、薬に関する専門的知識をフル活用してお客様との信頼できるコミュニケーションができるかどうかがポイントになります。 それ以外にも次のような仕事あります。

・医薬品の品質管理(保管期間などの確認を含む)
・医薬品の陳列(陳列方法は薬事法によって義務づけが有り薬剤師の責務です)
・薬剤管理の帳簿作成
・顧客対応
・在庫確認
・販売促進ツールの作成(ポスターやチラシ)
・医薬品以外の品出しや管理(お菓子や日用品)
岡山県薬剤師会: トップページ

管理薬剤師や店長クラスになると、<パートやアルバイトなどのスタッフの勤怠管理>や<売上金のチェック>や<クレーム対応>や<会議の出席>などもでてきます。 こういったドラッグストアの仕事は高収入で年収ベースで500万円から700万円と安定しています。